佐渡國相川ひなまつりとは?

佐渡國相川ひなまつり」は佐渡市相川地区で民家、 商店、ホテルなど 50 の展示場に古式ゆかしいひな人形を飾り公開するイベントです。


 かつて金山の町として栄えた相川。江戸時代中期に流行した「享保びな」や大正から昭和初期ごろの五段飾りなど、貴重な人形が多数展示されています。大きなお内裏様やおひな様、立派な御殿に座ったおひな様、極彩色の掛け軸のおひな様なども。

 

歴史的に貴重なおひなさまの数々を市街地およそ50ヶ所にて展示致します。

 

イベントを支えているのは、地域のお母さん達が中心です。

蔵に眠っていた人形に再び光をあて、市民や観光客に楽しんでもらおうと取り組みを始めて、平成26年3月で10年目となりました。

 

今では、佐渡の市民だけでなく、新潟県内、関東、関西からもお客様がお越しになり、やりがいを感じております。

 

簡単なおもてなししかできませんが、どうぞ、ごゆっくりと“ひなさんめぐり”を楽しんでいってくださいね。

相川周辺マップ